月別アーカイブ: 2013年11月

iPS細胞先端技術 講演会のお知らせ 主催京都桃山ラインズクラブ

平成25年12月15日(日)10:00から12:00(9:30開場)キャンパスプラザ京都 第一講義室(京都駅北側ビックカメラ前)にて、京都桃山ライオンズクラブ主催の講演会が催されます。
講師に京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門の川口義弥教授をお迎えし、iPS細胞の基礎知識・iPS細胞を用いた新規糖尿病治療開発の展望などのお話しを頂き、質疑応答もございます。
iPS細胞ってどんなもの?
京都発のノーベル賞技術?
その技術で人の命は救われる?
など、少しでもご興味のおありの方は入場無料の講演会となっておりますので、万障お繰り合わせのうえご参加ください。
ipsポスターS28C-113111810031

結成第1256回11月第二例会誌 《会長の独り言(10)》

  会長の独り言(9)

 

理性 」と「 本能

 

9月の第1例会誌の《  会長の独り言(5) 》で

「日本の会議は宴席が付きもの   本音は酒席で・・・」を書きました。

 

後日、「私もそう思いますが、どうしてでしょう?」と質問されました。

 

ヒトの思考や言動は、「理性」と「本能」のバランスによって決まります。

もちろん脳の働きによるものですが、「理性」を受け持つ部位と「本能」を

受け持つ部位は違っています。

 

「理性」は大脳新皮質(脳の外側)が担当し、「本能」は大脳辺縁系 (脳の内側)

が担当しています。

 

普段は、「本能」で感じた欲望や願望などを「理性」がうまく制御していますが、

この理性のブレーキが効きにくくなる時があります。

その一つがお酒を飲んだ時です。

 

アルコールは大脳新皮質の働きを鈍くして本能 (本音) が出やすくなるのです。

 

アルコールが入って調子よくなると、素面では考えられないことをする人が

います。

 

皆さん お酒は楽しく飲みましょう。         自責の念を込めて。

 

Yoshiaki  HARADA

11月第二例会誌S28C-113111810030

結成第1256回11月第二例会《紅葉例会》

今期の紅葉例会は今年の夏にオープンしたばかりの京都ホテルオークラプロデュースのザ・ガーデン岡崎で催されました。岡崎周辺の色付き始めた紅葉が大変綺麗な中、例会は「紅葉(もみじ)」をみんなで合唱して始まりました。
ゲストスピーカーとして、芸妓・舞妓さんの団扇で有名な小丸屋住井 10代住井啓子様をお招きし、団扇と扇子の歴史にまつわるお話しを拝聴しました。持参頂いた紅葉柄の団扇が大変綺麗で驚きました。
TT L森岡も紅葉例会に相応しい出で立ちで登場し大変盛り上がりました。

DSC01224 DSC01239 DSC01240 DSC01241 DSC01246 DSC01248 DSC01253 ガーデン岡崎2S28C-113111810041

結成第1255回11月第一例会誌・会長の独り言(9)

《会長の独り言(9)》
「理性」と「本能」
9月の第一例会誌の《会長の独り言(5)》で
「日本の会議は宴席が付きもの  本音は酒席で・・・」を書きました。
後日、「私もそう思いますが、どうしてでしょう?」と質問されました。
ヒトの考えや言動は、「理性」と「本能」のバランスによって決まります。
もちろん脳の働きによるものですが、「理性」を受け持つ部位と「本能」を
受け持つ部位は違っています。

「理性」は大脳新皮質(脳の外側)が担当し、「本能」は大脳辺縁系(脳の内側)
が担当しています。
普段は、「本能」で感じた欲望や願望などを「理性」がうまく制御していますが、
この理性のブレーキが効きにくくなるときがあります。
その一つがお酒を飲んだ時です。
アルコールは大脳新皮質の働きを鈍くして本能(本音)が出やすくなるのです。
アルコールが入って調子よくなると、素面では考えられないことをする人がいます。
皆さん お酒は楽しく飲みましょう。    自責の念を込めて。

例会誌S28C-113110611160

結成第1255回11月第一例会《iPS細胞例会》

我がクラブでは二回目となるiPS細胞に関する例会です。
今回はゲストスピーカーとして、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)国際広報室の渡邉文隆様をお迎えし『iPS細胞の現状について』というテーマに添ってスピーチして頂きました。
iPS細胞研究所 所長である山中伸弥京都大学教授がノーベル賞を受賞してからの研究内容や研究所の建物の中等をスクリーンを使ってお話し頂きました。

DSC01183 DSC01186 DSC01188 DSC01189

京都むらさきライオンズクラブ結成10周年記念事業

10月26日(土)15時より池坊学園にて催された、東日本大震災復興支援チャリティ講演会に会長、幹事らと参加して来ました。
L岡はつき会長の挨拶から始まり、国内外でご活躍されている尺八奏者の寄田真見乃様による奥深い素晴らしい演奏を聴き、真宗大谷派僧侶の川村妙慶様による「泥の中で咲く~どん底から見える希望~」というお題に沿った法話をお聞かせ頂き、大変興味深く拝聴しました。
この講演会で集まったチケット代などは、東日本大震災での被災により様々な理由から、進学を辞めざるをえなかった多くの子供達への進学支援の奨学金として寄付されます。
むらさきパンフS28C-113110510190 DSC01168 DSC01170 DSC01172 DSC01173 DSC01174 DSC01175 DSC01177