結成第1403回1月第一例会《新年初例会》

本日は<新年初例会>でした。
祇園甲部様より、舞妓(豆結様)、立方(茉利佳様)、地方(だん満様)の祝舞「萬歳」と「祇園小唄」をご披露いただき、華やかに例会がスタートしました。
会長挨拶の後、年男年女であるL白浜、L古川、L宮城、L谷山、L藤井、L野尻に記念品が授与されました。また、マイルストーン・シェブロン・アワード賞10年は、L山根拓也とL森川友喜が受賞されました。
L森本隆三による初揺「高砂」を披露して頂きました。
最後のTTタイムは副TTのL伊藤の進行で始まりました。みなで新年の抱負を色紙に書き、令和初の例会に相応しい、気持ち新たな例会となりました。
これからの季節、インフルエンザがますます流行してきます。人の多い場所では咳エチケットや手洗いをしっかり行い、ご自愛ください。

結成第1402回12月第二例会《忘年家族例会》

本日は、今年最後の忘年家族例会でした。
第一部、L栗林勉による挨拶の後、L山根拓也にMEMBERSHIP SATISFACTIONが贈られました。
第二部、懇親会では、バイオリン・チェロ・ピアノによる生演奏をお聞かせいただき、美しい音色に包まれながらクリスマスの雰囲気に酔いしれました。桃山ライオンズクラブの歌を合唱し、第1副会長福井孝和による開会の挨拶、前会長L山根拓也による乾杯にて開宴となりました。
座席別に2チームに分かれ、クイズ「年の差なんて 桃山Ver.」と「桃山50人に聞きました」を楽しみました。NGワードなどのペナルティもあり、皆回答を絞り出している姿が真剣そのものでした。見事勝利したチームにはタピオカミルクティーが振る舞われました。
最後のTTタイムカラオケ大会では、メンバーの素晴らしい歌唱力で盛大に盛り上がり、令和元年の締めにふさわしい活気溢れる例会となりました。

結成第1401回12月第一例会《LCIF例会》

本日の例会は、ゲストスピーカーL八木克之をお招きし<LCIF例会>が行われました。
来賓並びに見学者のご紹介の後、会長L栗林勉より、L山本敏裕へライオン・デディケーションピンが受賞されました。
L八木克之からはLCIFの活動の意義、また支援の重要性についてご説明頂き、会員からのより一層の支援を募られました。
TTタイムは、時間の関係上プリント配布のみの予定変更となりましたが、国際支援の必要性を強く感じさせられる学び多い会となりました。

結成第1400回11月第二例会《紅葉例会(同伴例会)》

今回は紅葉例会(同伴例会)ということで、神泉苑平八にて例会が行われました。
会長L栗林勉からの挨拶の後、紅く色づき始めた庭園を眺めながらのランチタイムが始まりました。
神泉苑平八 支配人 松原治雄様より神泉苑の歴史をお聞かせいただきながら、上品な懐石ランチを堪能しました。
TTタイムではL畑田からメンバーそれぞれに色紙が配られ、近くの席のメンバーに向けて、日頃言葉では伝えられない感謝の気持ちや褒め言葉など、思い思いのメッセージを贈り合いました。より一層メンバーの絆が深まったTTタイムとなりました。
最後は法成橋にて集合写真を撮影し紅葉例会は終了となりました。

結成第1399回11月第一例会《健康例会》

本日の例会は健康例会でした。
会長L栗林勉による開会の挨拶の後、表彰式が行われました。マイルストーン・シェブロン・アワード賞25年はL森本隆三、15年はL大橋篤司、10年は森岡正典が受賞、MEMBERSHIP KEY賞はL畑田哲・L池光亮が受賞されました。引き続き国際大会派遣費が贈呈されました。

本日は健康例会ということもあり、ランチタイムには健康食材をふんだんに使った和食を堪能しました。L吉田より「第一印象の7割は口元から」をテーマにメンバースピーチが行われ、虫歯ができる仕組み、正しい歯磨きの方法など、非常にわかりやすく為になるお話を聞かせて頂きました。
最後のTTタイムでは、L大濱により「座ってできる肩こり解消体操」が行われました。スッキリした体で「また会う日まで」を皆で合唱し、盛会のうちに例会を終了することができました。

結成第1398回10月第二例会《献血推進例会》

本日は岡崎南ライオンズクラブの皆様をお招きし、京都府血液事業概要について勉強する献血推進例会が行われました。

ゲストスピーカーとして京都府赤十字血液センター事業推進副部長兼献血推進課長事務取締役 菅沼 誠人様をお招きし、平成30年度の献血状況について詳しくご説明頂きました。

血液から作られる輸血製剤や薬は複数ありますが、1人分の献血から作ることができる量が限られているため、輸血や薬の安定供給のためには皆様の献血が必要不可欠だそうです。近年、医学の進歩により血液製剤を必要とする人が増え、血漿成分献血の必要量が急激に増加しているそうです。
400mlの全血献血、または血漿成分献血に是非ご協力をお願い致します。(200mlではなく400mlの献血を勧めている理由は、1人分の血液を投与する方が、2人分の血液を投与するよりもアレルギーや拒絶反応などの副作用の発生を低く抑えられるためだそうです。)

その後L山本敏裕から「京都府学生献血推進協議会」と学支会の経緯についてご説明頂きました。

最後のTTタイムでは、岡崎南ライオンズクラブの皆様にジェスチャーゲームに参加して頂きました。
出題問題が難しく正解することはできませんでしたが、岡崎南ライオンズクラブの仲のいい掛け合いに会場は大きな笑いに包まれました。

結成第1397回10月第一例会《ポスターコンテスト選考例会》

本日は、国際平和ポスターコンテストに出品する作品を選考する例会でした。
会長L栗林勉の挨拶の後、青少年育成・YCE委員長であるL山岸隆行の司会で、国際平和ポスターコンテストの選考が行われました。
ポスターのテーマは「平和の道のり」となっており、どの作品も非常に良い作品ばかりでした。
今回は、京都聖母学院小学校、京都市立向島小学校、京都市立桃山南小学校、京都市立向島秀蓮小中学校の4校より400名以上の生徒からご参加いただき、その中から36枚を選出し、さらにその中から11作品の優秀作品を選出しました。
最後は、テールツイスターのL畑田哲がメンバーの描いた絵を使ってTTタイムを行いました。
今回は5名の画伯が作品を展示しました。どの作品も甲乙つけがたく、L畑田の提案により競争で順位を決めることになり、見事L藤田久和が優勝を勝ち取りました。
普段見ることのできない赤白帽姿に会場は大きな笑いに包まれました。

結成第1395回9月第一例会《4R1Zガバナー公式訪問例会》

本日は、4R1Zガバナー公式訪問例会であり、京都洛東LC、京都醍醐LC、
京都むらさきLCとの合同例会でした。

335-C地区ガバナーL小鍛冶正明、第1副地区ガバナーLCIF地区コーディ
ネーターL松岡勲をはじめ、多くの地区役員の方々にご来賓としてご出席いただ
きました。この場を借りて御礼を申し上げます。

地区ガバナーL小鍛冶のご挨拶では、地区ガバナーテーマ「笑顔と仲間の輪」について熱弁して頂きました。

TTタイムでは、4クラブのテールツイスターが集結しました。L畑田の肉体美により会場は大いに盛り上がりました。
そして、最後に京都醍醐LC会長L中世古裕之から謝辞があり、また会う日までを参加
者で合唱し、閉会となりました。

結成第1394回 8月第二例会

本日の例会にはマナー講師 金森たかこ様をお迎えし「ワンランク上のビジネスマナー研修」

~デキる大人は知っている!人生を変える一流マナー~の研修をして頂きました。

改めてマナーの大切さを教えて頂けました。

最後のTTタイムではL畑田哲が世間を騒がせているあおり運転のあの人に扮して登場し、

会場を沸かせました。

あおり運転については「あおり運転」をしない、遭わないためには、自分自身が心にゆとりを

持ち、相手を思いやる運転を心がけましょう。